つむらの自腹です

有益な情報を書く!と誓ったのに、4コマ漫画を書いてます。4コマ漫画ブログ。

田舎の空き家を処分した話【空き家処分いくらかかる?】

 田舎の空き家を処分した話【空き家処分いくらかかる?】

 

どうもつむらです。

今回は田舎の不動産を処分した話です。

f:id:tsumuradesu:20181112163158p:plain

はじめに

私の親戚は、以前ブログ記事に書いたように

福井県に住んでおります。

 

親戚のお話↓

tsumuradesu.hatenablog.com

 これもお話聞きました。

 

倉庫代わりの家を親が購入

 

昔、実家の生活用品があふれ(モノがいっぱいになり)ました。

倉庫代わりに親が古屋を買いました。

当時はまだ新しかったのですが、年に2回も行くことができず、

管理が追い付かなくなりました。

 

全国で問題になる空き家問題

 

 全国的に空き家問題が出ていますが、

私は関係ないと思っていました。

(土地家屋は持っていないし・・・)

www.tochikatsuyou.net

↑全国的に問題になっている空き家問題大都市でも空き家増加中。

 

 

 しかし、実家の倉庫代わりの家が空き家問題の対象となってしまいました。

f:id:tsumuradesu:20181112171136p:plain

↑これよりかはマシな状態でした。

 

 

きっかけは自治体からの連絡

f:id:tsumuradesu:20181112171327p:plain

実家に連絡が入りました。

どうも倉庫代わりに使用していた家の破損がひどくなっているとの内容でした。

実家から親が現地に向かいました。

 

 

 

荒れてる・・・

 

 

倉庫代わりに使っていた家はひどく痛んでおりました。

瓦が数枚おち、屋根がむき出し。

雑草ボーボー

生垣の剪定が追い付かず、木が成長しすぎている

屋根からの雨漏り

サビた駐車場の柱

シャッターが外れている

壁も一部剥がれ落ちていました。

f:id:tsumuradesu:20181112171458p:plain

↑ぼろぼろでした

 

 

倒壊の恐れあり 

 親は案外、楽観視していました。

「倒壊したらそのままにしておくか」程度でした。

土地家屋にかかる税も年間数千円と安かったためです。

 

転機は親の状況変化

行政からの連絡を楽観視しておりましたが、

親の体調が悪くなり、それが決め手となり空き家を処分することになりました。

体調は回復しましたが、福井まで何度も行くことはしんどいと結論に達したようです。

f:id:tsumuradesu:20181112171653p:plain

↑親の健康状態が決め手に

 

古い家は改装できない、貸せない、売れない、、、

 

改装修理を検討しましましたが、軽く500万円近くかかるとのことで

改装はあきらめました。

 

他の人に貸すことも考えましたが、あまりに修理するところが多く、

貸し出しすらできないとのことになりました。

 

売ることになったのですが、買い手が見つかりません・・・

f:id:tsumuradesu:20181112171829p:plain

何をするにも、お金がかかる・・・

 

 

 

ひょんなところから連絡が

 そんな中、自治体から紹介を受けた業者から連絡が入ります。

「ぜひ物件を見たいという人がいます」と

 自治体と取引実績のある不動産関係の会社からの連絡でした。 

とりあえず会ってみると

購入希望の人は、農業関係の会社を経営している方でした。

「福井の家を買いたいんです。付近に農場があり、従業員の宿泊所にします」

とのことでした。

 

とりあえず売却することにしましたが、

福沢諭吉90人提示しましたが

福沢諭吉67.8人にて契約成立。

(7.8ってなんの端数???)

 

他にもいろいろ話が舞い込んできましたが、

売却決定となりました。

 

余談 福井県に新幹線を通すため工事関係者の宿泊所が足りず貸出してほしいとの話もあったようです。

最初の記事リンクの通り、新幹線の話は実際あったと裏付けが取れました。

 

 

ここから大変な目に

とにかく売却決定したので荷物を処分しないといけません。

廃棄業者・引っ越し業者に来てもらい見積もりを出してもらうと

 

処分費用、福沢諭吉65人分!!

ほとんど赤字…

 

結局、管理のできない不動産は「負動産」となってしましました。

取引完了し一件落着。

めでたしめでたし。

 

その後

親と不動産処分の話を聞くと

やはりあのタイミングで売却してよかったとのことでした。

 

売却後

・福井大雪

・西日本豪雨

・相次ぐ台風襲来

と災害が多発し、

家が倒壊していたかもしてないと話しております。

 

まさに体験するとは・・・