つむらの自腹です

有益な情報を書く!と誓ったのに、4コマ漫画を書いてます。たまに仮装します。

結婚式のスピーチがウケた件【ウケる結婚スピーチの作り方】

結婚式のスピーチがウケた件【ウケる結婚スピーチの作り方】

どうもつむらです。

今回は、友人の結婚式でスピーチがウケたお話です。

 

f:id:tsumuradesu:20181121150249p:plain

目次

 

親友から招待状

 

とある日、郵便ポストを見ると友人(男)から結婚式の案内状が送られてきました。

幼稚園からの親友だったので快く引き受けることにしました。

f:id:tsumuradesu:20181121150432p:plain

 

 

まずは連絡

 

友人は親友レベル(かなり親しい仲)でしたので、「何かすることはない?」と連絡したところ

スピーチを頼まれたのでした。

 

f:id:tsumuradesu:20181121150552p:plain

 

方向性を決める

 

ある程度スピーチの内容を考えました。

その中でどんな感じで話を持っていくのか友人と話したところ、

「おもしろ系のスピーチ」を話すことになりました。

 

親友だからこそ親友だからこそ結婚式のなかで「ふざけたりからかったりできる」と私は思いました

(マネしちゃケガします)

 

 

 

そして当日。

 

最初にベタなネタを話す

最初に一礼し、自己紹介、しました。

その後、「ジューンブライト、6月の結婚式、暑いですね。6月が暑かったら、12月は灼熱ですね」

 

 

会場はシーン。

 

f:id:tsumuradesu:20181121150815p:plain

 どうしましょう。

 

 

 

 

しかし続けます。

 

「あっ!ここ皆さん笑うところですよ、結婚式ですから笑顔で。ここで笑わないとこの後、笑うとこないです。」

会場に笑い声が。少しウケました。

 

f:id:tsumuradesu:20181121151136p:plain

すこし笑顔が。

 

 

「私と新郎のA君は同級生で幼稚園からの親友です。同級生なので・・・猫の年齢で5歳になりますね。」

↑人の年齢を猫の年齢にたとえた結果、

会場からさらに笑いが。

 

f:id:tsumuradesu:20181121151302p:plain

吾輩は猫である。名前はつむら。

 

 

 

小さい頃のエピソードも話します。

 

「幼稚園の教室でA君と鬼ごっこしたり、広場で鬼ごっこしたり、体育館で鬼ごっこしたりしてました」

「小学校は別の学校でしたが、中学校で同じクラスになり、運動場で鬼ごっこしたり、体育館で鬼ごっこしたり、広場で鬼ごっこしたりしてました」

鬼ごっこばっかりやん

会場から笑いが出ます。

 

f:id:tsumuradesu:20181121151550p:plain

鬼ごっこイメージ図。(参考いらすとや)

 

 

 

「高校から別の人生を歩みます。私は就職しましたが、彼はあの有名なイチロー選手を見習って一浪して大学へ入学します」

イチローと一浪は違います。

会場は笑いに包まれました。

 

f:id:tsumuradesu:20181121151855p:plainf:id:tsumuradesu:20181121151919p:plain

↑どちらも「いちろー」です。

 

 

終わりに

 

「A君、新婦〇さん、幸せな家庭を築いてください。新居が決まりましたら、遊びに行きます。ぜひ、家族みんなで鬼ごっこをしましょう。」

↑最初に話した鬼ごっこでオチ

 

f:id:tsumuradesu:20181121151550p:plain

家族で鬼ごっこ。(オチ)

 

 

 結果

 

どうなることかなーと思っていましたが、

会場は笑いに包まれました。

良かった。

 

 

しかし、その後、

 

知らないおじいさんが私のもとにやってきました。

「ヤバイ!!怒られる!!!」

と思い心構えすると、、

「あんたのスピーチは面白い!!わしゃ久しぶりに腹抱えて笑った!!」

とわざわざ私のところまで足を運び声をかけてくださいました。

「あんた誰だ?」

しかもなぜか、二人で握手する謎イベント発生。

 

f:id:tsumuradesu:20181121152338p:plain

↑謎イベント「知らないおじいさんと握手会」。

なんだこれ。

 

 

 

 ウケるスピーチの作り方

 

・親友なので、おもしろ系で行く

・事前にある程度内容を打ち合わせる

・猫の年齢で例えたり、同じことを繰り返すことで笑いを取る

 

 

会場は笑顔に包まれたとさ。

めでたしめでたし。

 

 

(知らないおじいさん誰?)