つむらの自腹です

関西のイベント、観光の話、生活の知恵・体験を書いてます。

近鉄株主優待券使い方・使ってみました【近鉄株主優待券でお得に移動】

近鉄株主優待券でお得に移動

どうもつむらです。

今回は近鉄株主優待券を使ってみました。

 

追記20181204 路線図追記

追記20190106 説明文追加

 


目次

 

近鉄電車とは?

近畿日本鉄道という関西で広範囲の路線を保有している鉄道会社です。

大阪・名古屋・京都・奈良・三重をカバーし、多くの列車が走っています。

JRを除くと国内最長の路線網を所有しています。

観光地へ行く特急電車「伊勢志摩ライナー」「しまかぜ」「さくらライナー」や都市間を結ぶ「アーバンライナー」が有名な鉄道会社です。

 

近畿日本鉄道

 ↑公式HP

 

近鉄株主優待券とは?

近鉄の株主優待券になります。

近鉄の株を100株以上保有すると年4枚送付される券です。

「近畿日本鉄道線沿線招待乗車券」と表記されております。

難しい名称ですが、「近鉄電車に乗れるきっぷ」です。

別途、特急券を購入すれば特急にも乗車できます。

近鉄株主優待券の入手方法・価格

チケットショップ等で売ってます。1枚2000円程度。

ヤフーオークション等でも販売されていますので、一度検索してみてください。

 

 乗車できる区間

f:id:tsumuradesu:20181204160132j:plain

↑近鉄の路線図より。名古屋-大阪まで幅広い区間乗車できます。

(特急は別途有料特急券が必要です。一部乗れない区間があります。ケーブルカーなど)

 

 

 

 実物はこんな感じ

 

実際の券面はこちら↓

f:id:tsumuradesu:20180303111948j:plain

沿線招待乗車券と書かれています。

 

1枚1回使用できます(当日限り)

 

 実際の使い方(乗り方)

磁気きっぷなので自動改札へ投入するだけでした。

 

注意

近鉄の駅から入場する場合、この切符を直接自動改札口に投入すればよいですが、

「他社線から乗車する場合は、乗車駅から近鉄最寄り駅までの切符を購入して下さい」

他社線からの乗車の場合、きっぷを受けつけなくなったり、降車時に自動精算できない場合があります。ICきっぷの場合も乗車時に紙きっぷ購入をお勧めします(降車時に乗り越し精算できない場合があります) 

 

 

f:id:tsumuradesu:20190107084113p:plain

↑株主優待券(沿線招待乗車証)は近鉄の駅の自動改札機に投入し降車駅で自動改札機へ投入します。

普通のきっぷと同じ使い方ですね。

 

↓乗った電車

f:id:tsumuradesu:20180303112137j:plain

 

 

↓急行 五十鈴川行き

f:id:tsumuradesu:20180303112212j:plain

 

約三時間乗車し、

 

↓つ につきました

f:id:tsumuradesu:20180303112302j:plain

 

今回乗車した区間

特急のルートですので、2時間かからない検索結果が出てますが、特急を使用しない場合、3時間程度の時間がかかります。

 

乗ってみた感想

 乗車はそんなに苦ではありませんでしたが、

ロングシートでしたので初心者はしんどい内容と思います。。。 

 (ロングシートとは普通の通勤電車にあるタイプの座席シート配置です。横に6人程度座れるタイプの電車です)

f:id:tsumuradesu:20190107085121j:plain

 ↑通勤電車タイプの内装

  

 

今回の自腹

 

3800円程度

チャリーン!!

(楽しかったね)